こんにちは!つわりでお困りの妊婦さんの強い味方。子宝、子授かり、安産のお寺で有名な宝塚市中山寺近くのハリニックよこい鍼灸整体院の院長 横井です!

ハリニックには「吐きつわり、食べつわり、眠りつわり、よだれつわり、匂いつわり」など、
いろんな「つわり」でお悩みのプレママさんがお越しになってくださいます。

つわりの解消は妊婦さん・マタニティーさんの治療経験豊富な当院へお任せください!!

『眠りつわりの妊娠9週の妊婦さん』

「風邪でもひいたかな~~?」

タイミングを計りながらの妊活をされていて、なんとなく気怠いし、熱っぽいけど、風邪をでもいてしまったのかもしれない。と、最初は思ってたそうです。

妊娠初期のつわり=吐き気だと思っていたそうで、はきつわり以外の「眠りつわり」や「よだれつわり」などがるとは、自分が妊婦になって初めて、そんなつわりがあるって知ったそうです。

子供のころ見てたドラマで、女の人が「うっ・・・。」っとなってトイレに駆け込んで、
「もしかして妊娠・・??」妊娠初期のつわりとはそんなイメージを描いていたてそうです。

なんとなく風邪っぽいのかな~~??と数日間は思ってはいたそうなのですが、念のため病院で診てもらうとめでたくご懐妊!!。

それから、妊娠5週~妊娠6週にさしかかったあたりからずっと「気怠くって眠いな~!!」の毎日だそうです。

この眠りつわりの妊婦さんのお仕事は中学校の先生。当院にお越しになった頃は妊娠8週で「眠りつわり」のまっただ中。

とにかく眠いそうです。

吐いたりする吐きつわりや、とにかく食べたくなる食べつわりよりはラクかもしれませんが、お仕事中に、どうにもこうにも眠くなってしまうのはまた別の意味で大変です。

まだ妊娠の初期なので、職場の方にも妊娠は伏せてるそうで、仕事がはかどらないのも申しわけないそうです。

中学校の先生という立場で、午後の授業は生徒の手前眠そうにもできず、生徒と一緒に睡魔との戦いだそうです(涙)

「妊娠初期のつわりに温灸が効果的!!」

妊娠中の気をつけることを調べてるうちに、当院のHPが目に留まり、ちょっとでも「眠りつわり」がラクになればと思い来院されたそうです。

眠りつわりの鍼治療、温灸治療に来られたのは妊娠8週の頃で、ただいま妊娠12週の手前くらい。

眠りつわりのピークが妊娠9週のころでした。

週に1回から2回くらいの間隔でつわりの治療を受けてもらい、今回で5回目の通院になりました。

初診のころは眠くて眠くて仕方がなく眠気で覇気も元気のない「眠りつわり妊婦さん」だった時と比べると、とっても元気になりました。

これからは、楽しい楽しいマタニティライフが送れるようになりますからね。

「地味な眠りつわりですが・・・・」

なんでこんなに眠いのかな??

寝不足でもないのに眠くて眠くてしょうがない、眠りづわりもつわりの一種です。

眠くて仕方がない眠りつわりが、食べづわりや吐きづわりと同時におこる妊婦さんもいれば、
このご紹介した妊婦さんのように、ただただ、眠いだけの方もいて、つわりは妊婦さんによってそれぞれです。

以前来られていた眠りつわりの妊婦さんの場合は、早くに寝て睡眠時間をしっかり取っていても朝起きられずにお布団の中からご主人に「行ってらっしゃ~い!!」と見送っていたとおっしゃる方や、お腹がすくと吐き気が出るから、何かをちょこっとつまむと、お腹が満たされ、また眠くなってスヤスヤとお昼寝、お夕寝をしないと眠くて仕方がないなどの方もいました。

そして、掃除や炊事をしようとしても、カラダが気怠くって何もやる気が起きず、チョットだけ横になって休んでいると、いつの間にかそのまま寝落ちしてしまって、家事がはかどらないなども。

また、仕事の最中にも強烈な眠気に襲われ、気づくと頭がこっくりと船をこいでたという方も。

眠りづわりは、妊娠という大きな変化におカラダが、一生懸命対応している過程で起こるもので、仕方がないのです。

できることなら、しっかりと休んで大事なおカラダを労わってあげてくださいね。

「東洋医学では つわり をどう考える???」

そんなつらい「眠りづわり」の対処の仕方ですが、東洋医学的な観点から診ると「脾胃虚」と言って胃腸が弱ってたり、「血虚」(けっきょ)と言って「元気のモト」が少なくなってしまうと、眠りつわりになってしまうんです。

西洋医学的なつわりの診方だと、眠りつわりになる原因が分からないので「カラダはどこも悪くないので、もうしばらく様子を見てくださいね」 「妊娠初期の症状ですから、しばらくすると治まりますよ」などと診断されてしまいます。

東洋医学の鍼灸などの考えは「眠りつわり」など、なにかおカラダのお困りごとがあれば「どこかに、なにか調子が悪いところがあるから」と考えます。

例えばこの「眠りつわり」の妊婦さんの場合だと、胃や腸を元気に働かせてくれる「気 血」=「エネルギー」が、お体に巡らずに滞っていると考えます。

「気 血」が頭に運ばれないと「眠りつわり」になり、手足の筋肉に運ばれないと「気怠いつわり」になると考えます。

このように気が滞って、頭に運ばれなくなる「眠りつわり」の治療は、頭のてっぺんににある元気を上げる「頭の百会」のツボに刺激を入れることで、元気が頭までスムーズに進めるようになり、
眠気がスッキリとして元気になってきます。

自宅でも眠りつわりの効果的なツボにできる指圧を説明しますので、ぜひ、ご自分でも指圧やマッサージをしてみてくださいね。

「多くの妊婦さんを診てるからわかるポイントがあります」

東洋医学のチカラでカラダを早く妊娠に順応させる鍼や温灸で「眠りつわり」を解消し、ラクに楽しいマタニティライフを送れるようにサポートしていきます。

「眠りつわり」の治し方

ポイント1  胃腸の働きを高めるツボに温灸

「眠りつわり」の妊婦さんには、胃腸の働きに重要なツボへ、温かい気持ちの良い温灸をしていきます。

胃腸の気がスムーズに流れだすと頭に元気が運ばれ眠気もスッキリしてきます。

ポイント2 お腹の筋肉や内臓の横隔膜の緊張も取る

眠りつわりはお腹の筋肉が緊張したり、横隔膜も興奮したりしてしまいます。

それをほぐすツボへ気持ちの良い温圧の刺激をしたり、お腹の筋肉を柔らかくするツボにマッサージや温灸をすることで、横隔膜を緩め気分もリラックスしていきます。

ポイント3 頭の緊張を取るヘッドマッサージ

「眠りつわり」はおカラダも気怠いし、頭もシャッキとしてません。

頭のツボを使っていき、頭部へのエネルギーをスムーズの運べるようにしてスッキリします。

安心のつわりの鍼灸や温灸の治療です。

リクライニングできるベットでの治療です。
お腹にハリなどの治療をしたり、うつ伏せになることもありませんので、ご安心してお越しになってくださいね。

妊婦さんになると、いろいろとトラブルがおこってしまいますが、「妊娠中だからしかたがない」、「痛くてもガマン」などそんな事はありません。
マタニティー治療の経験豊富なハリニックよこい鍼灸整体院にお任せください!

マタニティ治療は初回治療費半額の「体験治療」を受付中です

ママのお体が元気になると、お腹の赤ちゃんもスクスクと成長してくれますからね。


The following two tabs change content below.
横井 早統(よこい はやと)

横井 早統(よこい はやと)

こんにちは 宝塚ハリニックよこい鍼灸整体院の院長 横井です。 当院にお越しの患者さんには「今日も、ホントにお疲れ様です」と労いを込めて治療に当たらせてもらっています。 その「お疲れ」「痛み」「コリ」はそろそろお休みしませんか・・! そんな、おカラダからの大切なメッセージが届いているのです。 ガンバルにも限界もあります。もしお身体の不調をお感じなら早めのケアをおススメします。 あなたの元気は家族や周りの方の元気にもなりますから 元気のお土産を持って帰ってもらえるような治療を心がけています。 ママの元気は赤ちゃんや家族の元気にもなりますから元気のお土産を持って帰ってもらえるような治療を心がけています。
横井 早統(よこい はやと)

最新記事 by 横井 早統(よこい はやと) (全て見る)

>「お疲れって何だろう??」疲労についてのブログはコチラです。

よこいハリニック鍼灸整体院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
よこいハリニック鍼灸整体院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 0797-88-8484 受付:9:00~13:00/15:00~19:30
   土曜9:00~15:00/水曜9:00~11:00
休業:水曜午後、日曜、祝日
住所:宝塚市中筋4丁目9-5(駐車場あり2台)
最寄駅:中山寺駅徒歩2分 中山観音駅徒歩7分
地図・行き方